消費者金融は無職でも借り入れできる?

消費者金融は、キャッシング機関の中でも審査に通りやすいと言われています。
では、収入のない無職の方でも利用することは可能でしょうか?


消費者金融のローンに必要なのは「安定した収入」

結論から言うと、無職の方が利用するのは難しいでしょう。
消費者金融も、銀行と同様「安定した収入を持っている人」を借り入れの対象としています。
職に就いていない人は返済能力がないと思われるので、キャッシングの利用が難しいのです。
「ブラック」と呼ばれている業者では無職でも借り入れができるようですが、高額な利息をつけられたりするので借りないようにしましょう。


無職でキャッシングをしたいなら家族に頼もう

専業主婦の場合は、配偶者の同意書と夫婦関係を示す書類があれば審査に申し込むことが可能です。
それ以外の場合だと、本人名義でお金を借りるのは難しいです。
それでも大手の消費者金融で借りたいのなら、家族など所得のある人に申し込みを頼みましょう。
とりあえず収入があることを証明する必要があるからです。
それが不可能な場合は、アルバイトでもパートでもいいので何か仕事を始めてみましょう。
たとえ額が少なくても、収入源があれば審査を受けることができます。

消費者金融の利用ハードルは低い

消費者金融は一昔前に「サラ金」と呼ばれていた時代よりはるかに使いやすいものになりました。テレビのゴールデンタイムにも、有名な芸能人がCMに出演していたりしてとても親しみやすいものになりました。
昔のような悪徳業者の怖いイメージは無くなり、現在は明るい店舗が駅前に設置されていて看板を目にする機会も多くなりました。


消費者金融のカードローンを利用しよう

消費者金融の打ち出すカードローンならば審査も通りやすく、担保も、保証人の必要もなく、利用先の制限もなくお近くのATMなどを利用して融資を受けることが可能です。
制限も少なく、限度額内で何度でも借り入れる可能ということもあり、少額の借り入れを行う個人向けのサービスとなっています。
審査スピードも早いので、なるべく早くお金が必要だという方におすすめです。


即日融資も可能

消費者金融の種類によっては、WEBでの申し込みを行えば審査結果が当日知ることができ、融資の申し込みがその日のうちに行うことが可能になっているところがあります。
WEBで申し込み、確認の電話を受けて提出した書類に不備が無ければその日のうちに融資の申し込みが可能になります。利用カードなど必要な書類は後日家に郵送されますから受け取りましょう。

大手のサラ金を選択するメリット

サラ金には大手もあれば中小のものもあり、その中にも全国に展開している業者と地場に密着している業者が見られます。それぞれのサラ金には特徴がありますので、選択するメリットも違ってきます。ライフスタイルは様々ですので、自分にあったメリットを持ったサラ金業者を選べばいいのです。返済に関して、将来性に関して、また現在の属性に関してなど、選択ポイントは色々とあります。


<大手のサラ金に見られるメリット>

大手のサラ金は銀行との提携によって、大きな貸付限度枠が付与できるというメリットがあります。もちろん個人個人の総量規制は厳守すべきですが、その範囲であれば貸付を行える金額が大きくなるのです。例えば50万円までが貸付限度額と決まっている商品であれば年収が高くなっても50万円どまりですが、300万円であれば900万円の年収の人には300万円を設定することも可能ということになります。限度枠が増えれば金利も下がります。現在年収がそこまで高くなかったとしても、将来的にはわかりません。年収と共に貸付限度額が大きくアップし、金利も下がるということが期待できるのは、やはり大手を選択する大きなメリットとなるのです。参考ページ⇒大手サラ金業者の特徴

消費者金融は総量規制の対象なんです

今までアコムやプロミスを利用していて、突然お金を借りることが出来なくなって困っている人はいませんか?
実は消費者金融は総量規制の対象になっているから、年収の3分の1までしか借入が出来ないようになっています。
だから、突然借りられなくなってしまったという人は、もしかしたらこの規制が関係しているのかもしれません。
他に考えられるのは、借入をしすぎてしまっていて返済が出来ていないからという事ではないでしょうか。


消費者金融は何で決めますか?

自分がお金を借りたいと思ったら、どんなところに注目して決めるのがいいのでしょうか?
もちろん、人によってどこに注目するのか変わってきますが金利で比較している人が多いと思います。
すぐに融資してもらえるのか審査はどのくらいで済ませてくれるのか、そういった部分も大事なポイントですよね。
返済方法がいくつあって返済日がいつになるのか、それも忘れてはいけない重要なところなのではないでしょうか?
参考サイト→プロミスカードローンの審査基準とは?


銀行は規制の対象外

銀行は総量規制の対象外になっているから、年収の3分の1に関係なく借入することが出来るようになっています。
なぜ対象外となっているのかと言うと、借入ではなくあくまでも融資という形になっているからなんだそうですよ。
消費者金融の方が利用しやすい人もいれば、そうではない人もいますから自分に合った場所を利用して。

消費者金融のイメージについてどう思いますか?

皆さんの中には消費者金融にたいして怖いといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、そんな事は無いので少しずつそのイメージをなくしていっていただければと思います。
消費者金融は、いざという時にはとても頼もしくて助かる存在だと思います。
例えば、急に事故に遭ってしまい入院することになってしまったという時や葬儀などでまとまった現金が必要になってしまった、という時などには非常に助かるかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?


消費者金融は正しく利用すれば怖くない

消費者金融によっては審査も早く即日融資をして下さるところもありますので、本当に急いでいるときや時間が無い方にとっては助かるかと思います。(参照サイト:即日融資に関する疑問集)
以前は少し時間がかかっていましたが、最近の消費者金融では審査も融資も早くなってきているみたいです。
正しく利用していれば何も怖いことはありませんので、安心して利用していただければと思います。
むやみに利用するのは良くないので、本当に必要な時だけ消費者金融を利用するようにして下さいね。


返済をちゃんとしよう

また、ご自分が借りた金額は責任を持ってしっかり返済するようにしましょう。
借りたものを返すのは当たり前のことですので、ちゃんと自己管理をしながら返すようにして下さいね。
余裕をもって返済が出来るように借入金額を少なめにしてみますとか、返済しやすいプランを立ててみますとかすると良いかと思いますよ。
一番良くないのは無理をして返済することですので、そういったことは避けるようにしましょう。

急いで借入をしたい人は消費者金融へ

借り入れをしようと考えた時に多くの人がまず迷うであろうことが、消費者金融と銀行のどちらで申し込みをしようかという点なのではないでしょうか。それぞれにメリットが存在していますが、素早く簡単に審査を終えてすぐに融資を受けたいという方には圧倒的に消費者金融がおすすめです。


急いで借りたい人には消費者金融がおすすめ

消費者金融ならインターネットから申し込んで、必要最低限の連絡さえ済ませばその日の内に融資を受けることもできます。銀行と比べて審査が早く終わる傾向にあり、なおかつ審査自体もゆるいので、急いでいる人は消費者金融で申し込むと良いでしょう。カードが出来上がっていなくても、銀行の口座に直接振り込んでもらったり、手渡しで融資を受けることが可能だというのも嬉しいメリットです。


金融機関が空いていない日でも審査が受けられる

さらに一番の強みは、銀行が営業していない土日であっても消費者金融では審査や融資が可能だということです。会社によって違いはありますが、土日でも営業しているところや自動契約機などが置かれているところもあるので、日時を選ばずにいつでも融資が受けられます。もちろん申し込みもネット上で24時間可能ですので、今すぐ借り入れをしたい人は是非検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融を利用する上で覚えておきたいこと

消費者金融を利用する際に是非覚えておいていただきたいこと、それは「総量規制」という法律です。これは、貸金業法という法律の中で定められています。内容は、消費者金融で、収入の3分の1以上の借り入れが出来ないということです。

法律の内容を把握したうえで借り入れすることが大切

収入の3分の1までしか借り入れできないので、消費者金融の借り入れには計画性が必要です。今必要だからと言って、いっきに3分の1ギリギリまで借り入れしてしまうのは大変危険なのです。人はどのような時に突然お金が必要になるかは予測できません。そのような緊急事態も想定して、借り入れをすることが大切です。合わせて返済の計画もきちんと立て、返済が滞りなくできていれば、次の返済にも役立ちます。借り入れ、返済ともに計画性を持つようにしましょう。

総量規制の盲点

勘違いしていることが多いのが、複数社で借り入れをした場合、各社で収入の3分の1借り入れができると思っているということ。これは大間違いです。借り入れが複数社ある場合、全ての会社の合計が3分の1という事です。収入が30万円の場合、2社で10万円ずつ借りる事はできません。2社合計で10万円ということです。ここは間違いの無いよう覚えておきましょう。

関連リンク・・・・ローンの一本化はおまとめローンがおすすめ()

消費者金融からの借り入れにおけるメリットを最大限利用する

消費者金融のカードローンを利用した借入れの一番のメリットは早いということ。
早いという事はつまり時間がかからないということで、それにより浮いた時間を使って何か違う行動を起こすことができるということです。
いくらお金を積み上げても時間を買うことはできません。時間を多く手に入れることができるチャンスは最大限利用すべきです。あなたがこれから考えるべきなのはキャッシングにかかる時間をどうすればもっと短くすることができるかということ。
あなたがお金を手に入れるまでに残されたタイムリミットはどれくらいでしょうか。


消費者金融なら確実に即日融資で借り入れ可

消費者金融への申し込みをホームページから、または自動契約機から行うやり方。いずれも早い借り入れでキャッシングを完了することができます。
あなたは借り入れたお金を、そしてそこにかかる時間を過度に心配する必要はないのです。
お金を借り入れてそのお金を何に使うのでしょうか。どんな使い方をするのだとしてもそれを消費者金融や銀行からの借り入れだったとしてもそれが借り入れ状況に影響を与えることはありません。
お金を好きな使い方をすることであなたは自分にとって幸せな未来に向かって歩むことができるでしょう。


特におすすめなのが自動契約機での申し込み

消費者金融からの借り入れ、ここにおけるメリットを最大限利用することができるのは自動契約機を使った申し込みではないでしょうか。
自動契約機なら利用カードの到着を待つ必要も無く、その場で借り入れ可能な状態になるのであなたはキャッシングを行う未来に近づくことができるはずです。
無駄なことをしている場合ではありません。早く、キャッシングの道のりを早く駆け抜けるのです。

消費者金融は安全な会社、危険な貸金はなに?

銀行の傘下や資本提携を行ったことや、貸金業法の改正によって、消費者金融は危険な会社ではないというイメージもだいぶ、広がってきたようです。消費者金融では安全に、法律を守ってお金を借りることが可能ですが、それでは危険な金融業者はどう見分けたらいいのでしょうか?


消費者金融には固定番号や登録番号がある

消費者金融の場合、貸金業として許可を得ないと会社を建てることもできません。そのため登録番号などが必ず記載されています。他にも電話番号は固定電話でなければならないなどの条件は厳しいそうです。携帯電話の番号しか書いていないものや、審査がないなどというものは、いったん、危ない金融機関と判断してもいいかと思います。審査のない消費者金融は存在しません。


危険な金融とわかったら警察に相談を

まだ被害を受けていないなどの理由ではなく、巻き込まれてしまった、利用した金融機関が違法な会社だったという場合には、なるべく早く警察に相談をしましょう。利息などで怖い思いをしていないとしても、会社として国の許可などを取らずに経営している時点で、違法となります。反社会団体などが関係しているケースも非常に多いですから、絶対に関わることは避けましょう。

消費者金融利用履歴に関する事

信用にかかわる情報は、金融機関にてっては貴重な資料として扱われます。消費者金融を利用した場合にも、信用情報機関(JIOC、CIC)に利用履歴が記載され、利用内容によって異なりますが、半年から10年の期間利用履歴が残る事を認識しておくことが大事です。例えば、消費者金融に借り入れを申し込んだ場合、審査に通るかどうかの如何にかかわらず、金融機関側において信用情報を紹介する事になり、紹介記録は6か月間記録として残されることになっています。一つの消費者金融で審査が通らなかったと言って、他の金融機関に申し入れるとその情報も記録されることになり、それらの紹介記録が多くなると、どの金融機関も取り合ってくれなくなる恐れがあるので注意が必要です。


<契約履行、返済情報等の記録>

借り入れ契約や返済計画などの記録については、情報機関において5年間保有されたままになります。もし借入先の金融機関がJICCやCICに加盟していない場合は、必ずしも記録されない場合がありますが、逆にそのような金融機関は信頼が置けないので、利用は避けた方が無難です。これらの情報は完済すれば、5年後に利用履歴は全て消滅します。


<重大な状況になると記録期間が長くなります>

多重債務に陥り自己破産宣告されると、その記録は10年間は保管されることになるので、キャッシングが出来なくなったり住宅ローンが組めなくなったりするので、そのような状況には絶対に陥らないようにしましょう。

金利を制限する法律とグレーゾーン廃止は消費者金融にとっては痛い

個人への貸付けをする際に消費者金融が高すぎる金利などをつけて貸し付けることを規制するために「出資法」と「利息制限法」という2つの法律が定められました。ですが出資法の規定を破ると罰金を払わなくてはいけませんが、利息制限法は規定を破ったとしても罰せられることはありません。またこれらの法律をかいくぐって「グレーゾーン金利」というものがありましたが、今は廃止されています。


<制限するための出資法と利息制限法>

消費者金融が年利29.2%の金利で貸し出すことを禁じている「出資法」ですが、これを違反した場合は5年以下の懲役3000万以上の罰金を払わなくてはいけません。もう一つの貸借の法律である「利息制限法」は貸出金が10万円未満なら年利20%の金利、10万円以上100万円未満は年利10%の金利、100万円以上は年利15%の金利に定められています。ですが規定を守らなかったからといって出資法のように罰せられることはありません。


<今までグレーだった部分がなくなる>

出資法と利息制限法の規定している範囲外部分がグレーゾーンといわれ、この部分で貸し出す場合の金利をグレー金利と言われていました。ですが今ではこのグレーゾーンで多額の利益をえていた消費者金融もグレーゾーンが廃止になり経営が危なくなっている業者もあるといいます。

お金のない時に頼りになるキャッシングサービス

出張先で小道具を買いたい時や、旅先で骨董品の掘り出し物を見つけた際に、クレジットカードや現金の持ち合わせがない時に頼りになるのが、キャッシングであり融資の権利さえ得ていれば、全国のコンビニに設置してあるATMで現金引き出しも可能であり、非常に助かります。新規に借りる場合でも、定職についている、安定した収入がある場合はネットで申し込みをすれば、即時に審査終了、迅速な融資が受けられるのも、現金取得の利便性が高いのもキャッシングです。


<借りたら計画的な返済が重要>

借りたら直ぐに返済計画を立てそれを厳守すれば、キャッシングは非常に使い勝手があり、その利用価値は高くなります。決して返済を疎かにすることの無いようにし、かつ、複数の金融機関からの借り入れは慎んだ方が無難です。


<キャッシングは必要最小限に>

キャッシングで心がけておくことは、必要最小限の借り入れに留め不要不急の借り入れをしないことです。ついでに少し多めに借りておくと言う気持ちになり勝ちですが、そんな時は意識的に自制心を働かせ、ぐっとこらえることが借り過ぎ防止につながります。また、借りた金融機関、金額、利息、返済計画など記録を作り自己管理を行うと、セルフコントロールがしやすくなります。

金融関連リンク:おまとめローンランキング

消費者金融と利用者を守る法律

消費者金融と聞くと、危険なイメージを過去に持っていた人はいませんか?違法な取り立てや、非常に高い利息を支払わなくてはいけないというようなものです。しかし、消費者金融は現在、とても安全に、貸金のサービスを利用できるものとなっています。


平成18年に改正された消費者金融の法律

消費者金融のルールを定めている法律は、平成18年に改正されました。この法律を貸金業法と呼んでいます。改正された貸金業法では、まず利用者が借り入れのできる金額に上限を設けました。年収の3分の1までと定められ、お金を借り過ぎて返済ができなくなってしまうという事故を防ぐ効果もあります。さらに一社から50万円を超える借り入れの場合には、収入証明書の提出が義務づけられました。利用者を返済できないという事故から守ることで、消費者金融も損をしないよう、この法律が守っています。


上限金利が下がって、過払い金は戻ってくる

改正後には上限金利という利息の上限も変わりました。今までは消費者金融が融資を行う場合には29.2パーセントを上限に、利息制限法という法律では15パーセントから20パーセントを上限としていたものを、20パーセントを上限と定めたのです。これ以上の利息は違法なので、過去に高い利息で返済をしていた場合、返金請求を行うことが可能です。

消費者金融について詳しく知りたい方は…『消費者金融みんなの情報局』へ

消費者金融と貸金業法

消費者金融と貸金業法は深い関わりがあります。貸金業法は2010年に施行された、消費者金融とクレジットカード会社などの信販会社を対象にした法律です。この貸金業法が施行された背景には、「多重債務問題」が社会問題になるまで発展した事が挙げられます。この貸金業法の施行により、消費者の立場はより安全で優位なものになりました。


貸金業法で消費者金融は生まれ変わった

貸金業法の目的は、年収に対して借金の割合が大きい多重債務者を減らす事、貸金業を営む消費者金融などの業務規制を厳しくする事、上限金利を低く設定する事です。多重債務者を減らす具体的な制限が総量規制です。総量規制では「年収の3分の1以上の借金を持つ方に貸し付けを行ってはいけない」というものです。この規制により、収入を一切持たない方が消費者金融から融資を受ける事は不可能になりました。しかし、安定、かつ継続的な収入があればアルバイト、学生であっても融資を受ける事は可能です。


グレーゾーン撤廃と過払い金請求

上限金利の引き下げによって、グレーゾーン金利が撤廃されました。この撤廃によって過払い金の請求が可能になり、多くの方が返済を大幅に進めるキッカケになりました。また、この過払い金請求は、完済後10年間請求可能でありおまとめローン利用により形式的に肩代わりしてもらっていても請求可能です。該当する方は専門の機関に相談してみましょう。

カードローン比較センター
カードローンやおまとめローン、消費者金融を各ジャンルごとに比較しているサイト。

消費者金融での借入が安全で安心な理由

ここでは、消費者金融でカードローンやキャッシングなどのサービスを受けるメリットをご紹介したいと思います。20年ほど前までは消費者金融という厳しい取立てがあるなどといったマイナスイメージが強かったかもしれませんが、貸金業法の整備などもあって今ではとても安全で安心して利用できるツールとなっています。では具体的にどういった点が安全で安心なのかを見ていきましょう。


消費者金融なら計画的な利用が可能

総量規制というルールによって、消費者金融での借り入れは年収の3分の1までとなっています。つまり自分の収支に合わない借り入れができなくなり、結果として無理のない計画的な融資が可能となったのです。事前に返済シミュレーションが組めたり、返済日が近付くとメールで知らせてくれたりするサービスがあるなど、利用の際のプランニングもしっかりとできるのでとても安心できます。


リボ払いなので自分の収支にあった返済額でOK

消費者金融への返済は原則的にどこもリボ払いとなっているので、毎月の返済額は最低額さえ下回ることがなければ自分で決めた金額での返済が可能です。余裕のある月は少し多めに払ったり、余裕が無い時は最低額だけの支払いにとどめておいたりなど、自分のライフスタイルに合わせた返済ができるので、こういったところも大変安全で安心できる点だと言えるでしょう。

消費者金融で安心な融資を

消費者金融と言うのは貸金業の一種です。どちらかというとサラ金と言うとピンとくる人も多いのではないでしょうか?最近ではサラリーマン以外の利用者も増え、サラリーマンと言う言葉自体にも見直しがされているので広く消費者金融と呼ばれるようになりました。えっサラ金なの?サラ金って怖いんでしょう?と言う印象は一部の法的認可を受けていない業者によるものだと思います。つまり、利用する業者を間違えなければ大丈夫なのです!


安心な消費者金融業者を利用する

自治体や財務省の法的認可を受けた消費者金融業者であれば、2010年に改正された貸金業法に従って無理のない融資、返済計画で進めていけます。具体的には、年収に合わせた上限額で借りる事が出来ます。これは嬉しいですね。念のために利用前に店頭などで認可証などを確認できるとより安心です。


審査・借り入れ・返済が簡単に

銀行などに比べて審査が通りやすく借入プランも安心なのが最近の消費者金融なのです。加えて、利用者に合わせた返済手段や返済日を選べるなど最近ではさまざまな人に使いやすくなってきています。リボルビング方式と言う便利なシステムもあります。これは一定の限度まで使いたい時に使いたいだけ借りて、返したい時に返したいだけ返せるというものです。正しい知識を持って利用するために、事前準備はしっかりしていきましょう!

消費者金融と銀行の審査の違い

消費者金融と銀行の審査には違いがあります。その違いが審査の通過度に違いを生む一因となっている事は明らかです。銀行審査は消費者銀行よりも審査結果が出るまでにステップが一つ多いのです。


消費者金融審査の違い

銀行審査のステップが一つ多い理由は審査が2社体制で行われるからです。もう一つの一社は保証会社と呼ばれ多くの場合、有名どころの消費者金融が務めている事がほとんどです。それに対して消費者金融系の審査は単独で行うために2社体制で行うよりもハードルが下がる事が予想されるのです。


年収の多さではなく安定性が大事

審査では、大きく分けて「属性」「信用情報」の観点から精査されます。「信用情報」では過去の借入・返済記録、個人情報が最新の状態で厳格に管理され保存され半年ごとに更新されます。「属性」とは過去の利用者の年収・家族構成・居住情報を返済経歴などから点数化されたものから、申込者の属性を評価するやり方です。「属性」に関する情報は金融機関それぞれが管理する言わばノウハウであり、会社によって違いがあるといわれています。歴史の浅い消費差者金融の審査が緩いと言われるのはこの事からです。「属性」と「信用情報」から申込者の信用度を測っていきます。消費者金融では年収の大きさではなく、収入の安定性を重視しているのでアルバイトやパートの方も積極的に融資を行っています。

消費者金融の利息はどう決まっている?

消費者金融では返済のときに利息を支払うこととなっています。融資を行う会社の儲けとなる部分がこの利息だと考えてもいいでしょう。この利息のことで、今でも過払い金の請求などの広告を目にしたこともあるかと思います。この利息はどのように決まっているのでしょうか?


利息制限法という法律が上限を決めている

銀行や消費者金融を問わず、お金を貸した場合には利息制限法という法律で、利息の上限を定めています。もっとも借り入れが多いと言われている100円未満の借り入れの場合は、上限金利が18パーセントです。これ以上の利息の設定は違法となっています。つまりどの会社でも、100万円未満の融資プランの利息はこの数字以下となっているのです。消費者金融も多くの会社がありますが、18パーセント以上を設定している会社は危険だと思ったほうがいいと言われています。


もしも過去に支払い過ぎていたら?

消費者金融の一部の会社が、18パーセントを超える利息を設定していたということが明らかになり、裁判になりました。そのときのイメージで消費者金融は危ないと思ってしまった人もいるのかもしれませんが、ほとんどの会社はこの法律を守っています。万が一、高すぎる利息を支払っていたことがわかったら、過去10年にさかのぼって返金の請求を行うことができます。債務専門の弁護士や消費者センターなどに相談してみましょう。